クレカ作成における審査

クレカ作成における審査

クレカの案内やCMなどを目にする機会があると思います。あまり多額の現金を持たず、ショッピングや飲食もキャッシュレスでカード決済することが多くなっていると思いますので、その意味でも、クレカは必須アイテムトンっていと言えます。

 

また、カード会社m以前のようにショッピングやキャッシングの限度額、利用範囲ではなく、ポイント還元や各種のキャンペーン、その他の付随サービスを充実させて、顧客獲得に注力しています。ただし、申し込みをすれば誰もが作成してもらえるのではなく各会社の審査が通ってからになります。

 

その詳細については各会社の方針、ノウハウにより異なりますので、あるところでは通ったけども、別のことろでは通らなかったということになり、実際にそのようなケースを聞いたことがあります。

 

ただし、各会社で加盟している信用調査機関からその申込者のクレカの契約状況、利用状況、支払い状況などの信用情報を入手して、これを基本情報として各会社の独自の情報を加味して判断しています。

 

一般に収入の低い人、職歴の浅い人、支払いの遅れている人については審査がなかなか通らないと言われますが、収入の低い人は、それに代わる財産があるとこ、職歴が浅い人であれば、その転職がヘッドハンティングなどで収入の条件などが良くなっているとか、それを覆す材料があれば問題とならないことも多いですが、利用代金の支払いが遅れているような場合は厳しくなります。

 

程度にもよりますが、恒常的に遅れているような場合はかなり難しくなると思います。

 

これら以外では、直近で他のカード会社で断られたとかといった場合も同様に厳しいと思います。

 

ただし、そのような方でも、カード会社や銀行系のものが多いのですが、勤務先の会社の法人カードと言われているものであれば作成してもらえることがあります。

 

これは、その勤務先の会社の信用により審査してためですが、一般のものと比較して利用条件などもいい場合もありますので、カード作成の選択肢の一つとしてススメします。

 

【おすすめサイト⇒】おすすめのクレジットカードや審査の情報